Blender 2.49b 個人用勝手マニュアル
サイトマップ    お問い合わせ


ツール全般 > 共通の基本操作

共通の基本操作

このページの目次

ショートカットキー

アクティブウインドウ

Blender のウインドウ内は、さらに幾つかのウインドウに分かれています。これらはマウスでポイントすると、ヘッダ(一番上か一番下にあります)のグレーの背景が明るくなってアクティブとなります。

右図は、上部と下部に別のウインドウがあり、中央にマウスカーソルがあります。マウスカーソルがある方のヘッダ(マウスカーソルのところにある、Panels というメニューや、アイコンが並んでいる横長の帯部分)が、その上の他のウインドウのヘッダ(View, Select, Object といったメニューがある部分)より僅かに明るくなっています。

ショートカットキーは各ウインドウに定義されているので、正しいウインドウをアクティブにした状態でキーを押す必要があります。


一部のキーはどのウインドウがアクティブになっていても効くものがあります。例えば右上図のマウスカーソル下に表示されているツールチップ("Shading (F5)")に示されている [F5] は、どのウインドウがアクティブであっても [F5] を押せばマウスカーソルがポイントしているボタンをクリックするのと同じ意味になります。

キャンセル

[ESC] キー
ファイルへ保存する名前を指定するなど、サブウインドウが開いているときは、[ESC] キーでキャンセルされ、サブウインドウが閉じます。

ファイル名や各種パラメータの値を編集しているときは、[ESC] キーで編集前の値に戻ります。

範囲外へマウスポインタを移動する・クリックする
ファイルへの上書き保存や、物体を追加するときなどのフローティングメニューは、マウスポインタが離れるとキャンセルされます。

物体追加時のパラメータを指定するサブウインドウは、他の場所をクリックするとキャンセルされます。

[Ctrl + Z]
各種編集操作は、[Ctrl + Z] で取り消され、[Ctrl + Y] でやり直されます。
[Alt + U]
操作履歴の一覧が表示されます。左クリックしたところまで Undo/Redo します。

ボタン・パラメータ

このような色のボタンは、左クリックするとその機能が実行されます。


このような色のボタンはトグルボタンで、左クリックすると ON/OFF が切り替わります。上の "Draw Edges" は ON の状態、下の "Draw Creases" は OFF の状態です。


このような▲▼を組み合わせたボタンは、ポップアップメニューです。左クリックでポップアップメニューが開き、項目を選択できます。


このような左右に三角マークのある数値(多くはラベルも付随)は、左側を左クリックすると一定量ずつ減少し、右側をクリックすると一定量ずつ増加します。中ほどを左クリックすると数値を直接入力できます。他にも下表のような操作が可能です。

操作効果
Shift + 左クリック数値を直接入力(中ほどをクリックするのと同じ)
左ボタンで左右にドラッグキーは何も押さない値を増減する
Shift キーを押しておく値を細かく増減する
Ctrl キーを押しておく値を大きく増減する


値のコピー & ペースト

数値や文字が設定されている項目は、マウスカーソルをポイントすると、僅かに明るくなります。次の左はポイントしていないとき、右がポイントしているときです。

明るくなっているときに [Ctrl + C] でコピー、[Ctrl + V] でペーストします。オブジェクト名を入力する場面がいくつかあり、そのときに有用です。

ウインドウ操作

Blender は柔軟過ぎる程にウインドウをカスタマイズできます。初めのうちは、あまり使うことは無いはずですが、一通り簡単に説明します。

ウインドウとヘッダ

初期状態では3つのウインドウがあります。

  1. 一番上のメニューバーのようなウインドウ
  2. その下の大きい3次元表示のウインドウ
  3. 一番下のボタンなどが配置されているウインドウ

それぞれのウインドウの上端か下端は角が丸くなっています。ここにはウインドウ横幅いっぱいにヘッダと呼ばれる帯があります。

ウインドウのサイズ変更

ウインドウの境界を左ボタンでドラッグします。

ウインドウの分割・併合

左図のようにウインドウの境界へマウスポインタを移動して、上下矢印の形状になっているときに、右ボタンを押すと、右図のメニューが出てきます。

Split Area
1つのウインドウを2つに分割します。
マウス移動分割位置を決めます。
左クリック分割します。
中クリック分割方向(縦・横)を切り替えます。
右クリックキャンセルします。

マウスの位置によって、どのウインドウを分割するかを任意に選べます。

分割後は同じ種類のウインドウが2つになるので、ヘッダの左端にあるアイコンのポップアップメニューで、ウインドウの種類を変更します。

Join Areas
そのウインドウ境界を成している2つのウインドウを1つにします。マウスポインタをどちらかのウインドウに置くと、どのように併合されるかが分かりやすく表示されます。左クリックで実行します。
No Header / Add Header
ヘッダを消したり出したりします。最初に右クリックでメニューを出す前にポイントしていたウインドウ(ヘッダが明るい色になっている方)に対して実行されます。

ヘッダの位置

ヘッダ内のどこでも(何かある場所でも)右クリックすると、このメニューが出てきます。ここではヘッダをウインドウの上端・下端のどちらに置くか、ヘッダを消すかを選択できます。

ヘッダを消した後に表示したい場合は、前記の通りウインドウ境界での右クリックメニューで Add Header を選んでください。


最大化

[Shift + Space] や [Ctrl + ↑] 、[Ctrl + ↓] で、ポイントしているウインドウを最大化します。同じ操作で元に戻ります。

Buttons Window

初期状態で一番下にある Buttons Window 内には、サブウインドウがいくつか置かれています。

コンテキストの選択

Buttons Window には非常に多くのサブウインドウがあり、幾つかのコンテキストに分割されて配置されています。一度に表示できるのはひとつのコンテキストだけで、コンテキストは Buttons Window のヘッダにある このようなボタンで選択します。

左側の6ボタンは常に表示されていて、右側の5つは左側でどれを選択しているかによって変わります。

左側のボタン群の多くにはショートカットキーが割り当てられています。右側のボタン群の多くはショートカットキーがありませんが、左側のボタンの同じショートカットキーを複数回押すことでサイクリックに選択できます。

例えば この左から3つめの黒丸アイコンにはショートカットキー [F5] が割り当てられていて、[F5] を一度押すとこのように右の赤丸アイコンが選択された状態になります。ここで再度 [F5] を押すと、赤丸の右隣のヒョウ柄アイコンが選択され、続けて [F5] を押して行くと右側のアイコン群が順次選択されていきます。

配置の変更

ヘッダ以外の任意の位置(ボタンなどがある場所でも可)で右クリックして現れるメニューから選択します。

Horizontal は横に整列、Vertical は縦に整列、Free は自動整列をしません。

タイトル部分をつかんでドラッグすると、サブウインドウの位置を変更できます。サブウインドウの中で、さらにタブで整理されているものも、同様にして独立したウインドウにしたり、タブ化したりできます。

最小化

サブウインドウの左上にある▼マークを左クリックすると、サブウインドウを最小化したり、元に戻したりすることができます。

ビュー変更

サブメニューが画面に収まっていない場合など、マウスホイールで見え方を変更できます。

ホイール or 中ドラッグスクロール
Shift + ホイールHorizontal に整列している時に、縦スクロール
Ctrl + ホイール拡大・縮小