Blender 2.49b 個人用勝手マニュアル
サイトマップ    お問い合わせ


レンダリング > カメラの追加、移動・回転、カメラの設定

カメラの追加、移動・回転、カメラの設定

このページの目次

カメラの追加、移動・回転

カメラの追加や移動、回転方法は、形状オブジェクトと同じです。

カメラの追加は、オブジェクトモードにて [Space] または [左または右ボタン長押し] で現れるメニューから "Add"-"Camera" を選択します。

移動や回転、削除は、形状オブジェクトと同じ方法で行えるほか、飛行モードによる設定が便利です。

アニメーションでのカメラの移動・回転も、形状オブジェクトと同じ方法です。


オブジェクトを追跡する

カメラオブジェクトの方向にロックすることができます。ロックすると、カメラオブジェクトどちらを移動しても、常にカメラオブジェクトの方向を向きます。

カメラ、対象オブジェクト、の順に選択し、 [Ctrl + T] "Make Track" メニューから好みのロック方法を選びます。

TrackTo Constraint
カメラを真っ直ぐ特定の物体にロックしたいときは、通常は、これを使うと良いでしょう。多くの場合は追加設定は不要です。(Track To の詳細設定
LockTrack Constraint
TrackTo は、2軸回転で物体を正面にとらえますが、この LockTrack では1軸回転のみ(例えば左右にしか動かせない)で物体の方を向きます。左右回転に固定した場合、物体は画面中央の縦線上のどこか―ときには画面の外―に捉えられることになります。

回転軸を1つ固定するので、LockTrack を設定する前に固定する軸の向きを定めておく必要があります。実際的には左右にだけ動かせるカメラ、つまり Y 軸固定が多く、デフォルトはそのようになっています。この場合は追加設定は不要です。(Lock Track の詳細設定

Old Track
古い追跡方法です。以下の不満があるでしょう。
  1. カメラの上下が固定されない。
  2. [Alt + R] でカメラの回転を解除しないと、正しい方向を向かない。

[Alt + T] で設定を消去できます。Clear Track は元の方向に戻ります。Clear Track and Keep Transform は、消去前に向いていた方向のままになります。

アクティブカメラの選択

複数のカメラからレンダリングするものを選択する場合は、そのカメラを選択して [Ctrl + テンキー 0] を押します。

カメラの設定

カメラを選択して、[F9] を押して "Editing" にすると Buttons ウインドウカメラの各種設定が表示されます。

簡単なレンダリングでも使う設定には印を付けています。

Lens(① 左上)
焦点距離(視野の広がり具合)を設定します。

単位は 35mm フィルムカメラの焦点距離を mm で指定しますが、馴染みが無い場合は次の "D" で画角(視野の角度)を指定します。

パノラマのレンダリングに、広角画像サンプルがあります。

D(① 左上)
On にすると、焦点距離を度単位の画角で設定するようになります。視野の上下の広がり角度を指定します。
Orthographic(① 左下)
On にすると、平行投影でレンダリングします。

前記 Lens が Scale に変わるので、ここに Blender 座標系の単位で指定します。指定長がレンダリング出力サイズの長辺に対応します。出力サイズが長方形ならば、短辺側は scale で指定した範囲よりも狭い領域がレンダリングされます。

Dof Dist(② 左)
フォーカスを合わせる距離を設定します。
Clipping Start/End(③ 左)
カメラに映る範囲を、カメラからの距離で設定します。指定された距離にある2つの平面でクリッピングしてからレンダリングします。

Limits(① 右)
Dof Dist の位置と Clipping Start/End の範囲を、カメラの視線に沿った実線で、3D View ウインドウに表示します。
Mist(① 右)
Name(① 右)
[テンキー 0] のカメラビューに、カメラの名前を表示します。
Title Safe(① 右)
[テンキー 0] のカメラビューに、タイトルセーフゾーンを表示します。

タイトルセーフゾーンとは、テレビで確実に表示されるエリアです。ビデオ化する場合には、この範囲に注意した映像制作を行います。

Passepartout, Alpha(② 右)
[テンキー 0] のカメラビューで、描画エリア外を暗くします。Alpha 暗い部分の不透明率を指定します。
Shift X, Y(③ 右)
パースを変えずに、レンダリング位置をシフトします。